チェンマイ仏教寺院画像

~娯楽や遊びを違和感なく楽しんだ旅行~


チェンマイに到着したのは、
タイバンコクに足を踏み入れて5日~6日後ぐらいだったと思います。


チェンマイはバンコクに次いで2番目に大きい街。


近代的なビルが並んでいるわけではなく、
どちらかといえば東南アジアの町というイメージです。


中心地は少し賑やかな感じがあり、
遊ぶのにはちょうどよい場所かもしれません。


街のつくりが区画されいるので、
東西南北さえ間違わなければ道に迷うことがありません。


トゥクトゥクを上手く利用すれば街のあちこちにいけます。


チェンマイのある一帯は夜になると、
派手なライトが光を放って女の子が派手な格好で飲みを誘ってきたりします。


でも全然商売っぽさを感じません。


自然に・・・、
そう、本当にナチュラルな雰囲気で声をかけてきたりジェスチャーをかけてきます。


相手が嫌がる態度や行動はほとんどとらないんですね。
だから気分が悪くなることがほとんどない。


ここに微笑みの国の由縁があるのかもしれません。


女の人が服をきたままのショーダンスもこのときはじめて見ました。
夜の街を歩いていたら流れでその店に入っていました。


入場料とかはかからず、お酒だけ注文すれば自由に席に座ることができます。
そんな風にごく日常的な娯楽として存在していると感じました。