歩きスマフォに関しての投稿です。





問題になっているような、なっていないような

そして最終的に解決策が見つかりずらい・・・





といった話題をお届けします。





駅のホームやJRの商業施設構内では、

歩きながらスマフォ携帯を見ることは

アナウンスで注意を流しています。





本当に危ないと思うのは、

自転車に乗ったまま、

スマフォをいじる人ですね。



スピードが違うので危険が高い。





歩いている場合でも、自転車を操作しているにしても

「ここは危ないポイントだから一度立ち止まろう!」





とか、周囲5メートル程度の視野がある人、





それに、交差点や人通りが多いところは、

見るのを控える・・・





といった判断や行動ができれば、

道路や外でスマフォを見るのはいいと思います。





要するに、状況によって判断を行なえばいい!

というのが個人的な意見です。





ちなみに、ハワイ州のホノルルでは、

2017年の10月に道路での歩きスマフォ禁止令が市の条例で施行されています。





デジタルカメラ、電子タブレット、ゲーム機器など

すべてのデジタルディススプレイが対象です。





警察に見つかった場合、罰金として15ドルから99ドルの

支払いが命じられる場合があります。





2020年2月時点では、日本国内で法律で完全に施行されている

という都道府県はないようですが、



歩きスマフォ禁止要望の声が自治体に届いているので、

今後は規制などが進む可能性がありそうです。