僕は大学時代に受けたTOIECのスコアの最高点が515点です。

2002年当時大学生だった頃、「600点以上ないと就職面接の際にアピールするな」
と就職課の担当講師に言われたのを覚えています。

今現在大学の平均値を知りませんが、
一般大学生でも600点に届かない学生はけっこういるかもしれません。

僕がトイックの試験で500点前後の点数を取ったことはけして高い数字でもなく、
自分でも英語ができるとは思っていませんでした。

ただし海外旅行を通じて体感的に得た経験が、
そのあとの英語力の向上を手助けしてくれました。

要は何を意識すれば、英語力がもっと身につけるのか?
を落とし込み勉強に取り組むべきか?を考えさせる教訓が生まれました。

言語の能力は基本的に4つで、
「目で読み取るリーディング」「耳で聞き取るリスニング」「手で書くライティング」「声に出して言うスピーキング」です。

これらはすべて相互的に関係しているので、どれかのスキルが上がれば他の力もつきます。

ただし、ライティングは「正しく書く」という動作を伴って初めて正解になるので、
リーディングとの関連がはずせません。

またリスニングによって正しい発音を耳にして、
それを声に出す・・という関連も同じことが言えます。

どの能力を伸ばすのか?は目的によって変わってきますが、
TOEICの点数を上げたいのであれば、どの分野も伸ばす必要があります。