スピーキングスキルの簡単なトレーニング方法

誰かと「英語で会話する」というのは
英語力を上げるのにすごくいいトレーニングです。


会話というのは、形があって
実は不確かな形態です。


何が正しいという基準がない。


面白ろさや楽しさがあり、興味を惹く内容だったら
のめりこんで会話が発展します。

まだスピーキング能力が低いとき、
誰かと英語で会話すると
言えなかった部分がはっきり分かります。


それらを後で表現できるように勉強します。


自分が言いたかったフレーズを勉強するので
頭に溶け込みやすく覚えやすい利点があります。


英語の勉強といっても
試験対策をするのか、実践で役立てるのか?


という具合に、目的によって手段が変わってきます。


だから、まずは何を目標とするのか?
を決めて勉強するのがいいでしょう。


どの能力を伸ばすにもに共通して言えることは、
「環境」に身をおくことです。

もしくは、毎日時間を作る、
絶対やるといった習慣化を定着させること。


必然的に英語を使わなければならない環境で生活すると
嫌でもスキルは磨かれていきます。


そうでない人は、英会話のコミュニティに
週一回行くだけでも経験にはなります。


ただし、何をするにも自分なりの努力や工夫が必要です。


参加する、経験するに加えて、どうすれば?
を考えて行動していく。


振り返りや、努力、取り組み方、
力をつけるためのポイントを持たなくてはいけません。


そいういう思考を持てば、
あらゆる場面で能力をつける方法の活用できるようになります